看護師の悩み >> 看護師とストレス

看護師とストレス

看護師には白衣の天使というような、非常によいイメージと、また人の面倒をみることが当然なような社会的イメージもあります。しかし看護師とて生身の人間、ストレスだってもちろんありますし、人間的にいらいらやストレスを抱えてしまうこともあります。十分な休養が取れる状態ならまだしも、より責任ある立場ですと、ストレスをうまく発散させないとどんどんストレスがたまってきてしまいます。看護師の悩みといえば、人々の期待にこたえないといけないというプレッシャー、そして看護師が悩みを抱えて暗い顔をしていられないというプロ意識などから、普通の仕事よりストレスやプレッシャーも大きいのでしょう。でも、そういった悩みは、看護師だけではなく、医療現場で仕事をしている人ならだれでも実は感じているのかもしれません。患者さんは病気をしていて、看護師以上に悩みがあるし、またなかなか良くならないストレスで看護師よりいらいらして、疲れているかもしれません。そうした人々の悩みを受け止めつつ、看護師の仕事を忠実にこなすことは思っている以上に難しいことです。でもそうしたに日常の中で、ストレスをちゃんと発散しつつ、業務をこなし、そして夜勤もしっかり働くのは、大変なことでしょうし、患者さん以上の看護師の悩みがある上でなりたっている医療の現場ですので、大変ですが、ストレスを上手に発散して、看護師の日常の仕事をこなしていっていただきたいものです。