看護師の悩み >> 看護師の悩みと時間

看護師の悩みと時間

看護師の悩みといえば、なによりも時間の拘束でしょう。生活がシフトにあわせて不規則になりやすく、休日返上で働かないといけないので、看護師の免許をもっているとして、生活や収入で困ることはないものの、その分、プライベートは拘束されることもあります。もちろん仕事の面で、土曜、日曜、祝日など出勤しないといけない業種もあるでしょうが、それでも看護師の仕事に比べるとまだいいのかもしれません。看護師の悩みといえば、やはりその時間の拘束に尽きるでしょう。もしその病院や看護施設で人員が足らないようなことがあれば、より拘束時間は長くなり、シフトもきつくなっていることがあります。看護師の悩みとしては、やはりその時間の拘束、仕事の密度が悩みのたねではないでしょうか。看護師は拘束力が強いわりに、給料が安く、またハードな仕事、責任感が多い仕事であるといわれますが、時間の拘束もあるし、密度も濃い仕事であるので、看護師の悩みはより深くなります。適度に業務を抱えすぎないようにして、毎日の仕事を頑張るしかないのかもしれません。また、仕事とプライベートをしっかり分けて、自分は自分で、楽しめることを持ち、悩みを抱えすぎないように、ストレスを解消することでしょう。毎日の生活の中で、何か楽しめるものを見つけ出して、ハードな生活のなかでも息抜きできることを探してみてください。時間の拘束が長いながら、時間の使い方を工夫すれば、看護師の悩みを解決する手段も沢山ありそうですね。