看護師の悩み >> 看護師と医師

看護師と医師

看護師の悩みの中には、医師との関係性もあるかもしれません。医療の都市部と地方部の医療格差、そして専門の偏りなどもあって、もし地方の病院で、その地域でその専門医が少ない例えば、婦人科、小児科、外科、内科などの専門の病院であれば、それだけ患者が集中して、忙しいことは予想がつきます。そうした中で働く医師は夜勤明けで手術などは日常茶飯事、そしてもし看護師なども不足していれば、看護師も医師同様、ハードスケジュールで働き続けることになります。医師のストレスも相当ですが、それをフォローする看護師だって悩みもあるし、またその看護師の悩みも注目されにくい傾向があります。自分は本当に疲れていて、ストレスの自覚がないまま、ストレスや病気をためていることがあります。また、忙しさのあまり、自分の健康がおろそかになったり、自分がどれだけ疲れているのかが気づきにくくなることがあります。医師と同じくらいハードな医療の現場を一緒にこなしている看護師なので、悩みに関して無頓着になったり、自分のケアがおろそかになりがちではありますが、自分で自覚をもって、もし疲れたらすこし休むくらいの余裕をもって仕事を考えることも大事なのではないでしょうか。看護師だからといって、無理をしたり、ストレスをためていても我慢しなければならないということはありません。まずは自分の健康あっての仕事です。医師との連携、適切な処理をするためにも、身体、そして心の健康を保つために、自分の健康にも関心を持っていただきたいと思います。