看護師の悩み >> 看護師の悩みと病気

看護師の悩みと病気

医療の現場にいるからこそ、病気に関して神経質になるということはなく、医者の不養生、といわれるように、看護師も同じように自分だけは健康で大丈夫というように思いがちです。でも看護師は身体も心も非常にタフではないと勤まらない仕事です。そして看護師としての悩みを抱えながら、日々の業務を忠実にこなしていかないといけません。むしろ看護師の場合、日常が忙しすぎて自分の悩みに気づきにくくなっていることもあります。そうした日常を過ごすうちに体調を崩したり、また大病に気づかなかったり、健康に関していつでも健康診断ができると思って、むしろ気になる症状を放置したりすることもあります。看護師さんは責任感が強く、頑張り屋さんが多いのですが、そうした生活を送るうちにうつ病など、心の健康を損なってしまうことがないよう気をつけましょう。激務で難しい仕事であるだけに、無理をしがちな看護師は、うつ病になる可能性が高い仕事です。普段から自覚をもって、看護師でも悩みを抱えているのならば、しっかり相談したり、気軽に話ができる友人、家族、そしてそうした悩みを聞く専門家に相談することも大事ですね。看護師の悩みは、より複雑になりがちですが、心も体も健康に保たないと、患者さんの世話などできませんから、まずは自分の健康ありきでしっかりと体と心の健康維持に人一倍気を使ってくださいね。看護師だって人間、悩みもあれば、病気もします。自分は大丈夫などというのは過信に過ぎませんから、健康管理はしっかりと。